育毛剤はタイプ選びが重要だった

育毛剤はタイプ選びが重要だった

自分がハゲてしまう要素を持っているということは、学生時代からなんとなくわかっていました。
まずは父親の遺伝ですね。本当にツルツルという感じなので、将来的にはこうなるのだろうなというイメージがありました。
次に生え際ですが、これも高校の頃から他の友達と比較するとかなり目立っていました。
そして体質的に頭皮に脂が分泌しやすく、シャンプーした次の日の昼には髪の毛がベタベタになるという有様でした。

それだけの悪条件が揃ってるので当然と言えば当然なのかもしれませんが、20代後半から薄毛が目立ち始めました。
覚悟はしていたのですが、それでも20代のうちからハゲてしまうというのは受け入れ難かったです。
父に相談したところ、今は育毛剤も発達しているから使ってみたらどうかというアドバイスを受けたため、購入を決意しました。

しかし育毛剤と言ってもその種類は膨大と言えるほどで、とにかく様々なメーカーから育毛剤が販売されています。
値段としてもまちまちで、高いものになると「これを毎月買うのは無理だな」という値段で売られていました。
結局、最初だからということで、評判が良くて安い育毛剤を購入することにしたのです。

しかし三ヶ月続けても、効果が出ることは全く無く、もう一度ネットで情報を調べ直すことに。
そこではじめて、育毛剤には多くのタイプがあり、自分に合う育毛剤を選ばなければならないと知ったのです。
私が購入したのは、ストレスを抱えることが原因で薄毛になった方によく効くタイプの育毛剤です。
私はと言えば幸いなことにストレスを感じることはほとんど無いので、その育毛剤には見切りを付け、新しい品を探しました。

そして購入した育毛剤が、男性ホルモン抑制タイプの育毛剤です。
頭皮の脂の問題に関しては、別途洗浄力の強い育毛シャンプーを使って解決を図ることにしました。

結果、この育毛剤はよく効きました。
まずは三ヶ月分を購入したのですが、使い切る前から抜け毛の減少を実感できるほどの効果を得られたのです。
髪の毛の復活という面ではまだこれからですが、前回の育毛剤とは比較にならないほどの結果が出ました。
現在は追加分を購入して使用を継続し、さらなる改善を目指しています。

まずは薄毛の種類をしっかりと分析し、そのタイプに合った育毛剤を探すことが先決ということを身をもって知りました。
安さや評判にばかり気を取られると、結果として損をしてしまいます。
成分をじっくりと見て確認し、効果を得られそうな育毛剤を使用すれば、一定の効果を得ることは誰でもできるはずです。
関連:育毛剤の比較ランキング男性用

育毛剤で自信を取り戻す事が出来ました

育毛剤で自信を取り戻す事が出来ました

私は現在、予備校講師として勤務している予備校の職場で大きな悩みを抱えています。
それは、私自身の頭頂部と前頭部にある自分自身のハゲ、つまり薄毛の症状についてです。
私のハゲの悩みについては、これまで一度も人前で話した事はないのはもちろんの事、このようにして活字としてインターネットで人目に触れる文章を書いて告白する事も初めての経験ですが、今回良い機会だと思い、このようにして活字にしてインターネットで皆様に知っていただきたいと思います。
私の頭頂部と前頭部のハゲの症状は私が生まれ育った故郷の地元の県内にある自宅近くの公立中学校に入学して3ヶ月ほど経った中学1年生の夏休みの時期に初めて自分が前頭部と頭頂部にハゲの症状がある事に気がつきました。
私の前頭部と頭頂部のハゲは、中学1年生の時に所属していた地学部の合宿でいわゆるケービングという洞窟探検の合宿に県内の渓流沿いにある崖にて訓練を行っていた合宿期間中に自分自身で発見する事となりました。
その日は、高さ3メートルほどの崖からロープを垂らして地面までたどり着くロープ降下の訓練をしていたのですが、その際に安全面の為にかぶる事が必須となっていたプラスチック製のヘルメットを、あまりの気温の高さにうんざりした当時中学1年生だった私がはずした所、同級生からお前頭のてっぺんがハゲているぞ、と指を指されて笑われてしまったのです。
その時はまさか中学1年生の13歳という年齢でハゲが発症するなどありえない、と一笑していたのですが、あまりにも同級生達から笑われるので気になり、その日合宿のロープ降下が終了して宿泊していた民宿に帰宅した際、シャワーを浴びた後に民宿の鏡をじっと見てみたのです。
すると、そこにはまるで中年男性のように頭頂部がハゲた私が映っていました。
まさか、と最初は自分自身が頭頂部のハゲがある事を認めたくなかったものの、確かに自分自身の頭頂部は毛が抜けて地肌が見える状態となっていた事から、翌日から育毛剤を使用した育毛活動を始めました。
しかし、中学生時代に購入した市販の育毛剤はほとんど育毛には効果がなく、私は中学生時代から大学生時代まで自分自身の頭頂部と前頭部、つまりおでこの生え際の部分の薄毛の症状に悩んでいました。
しかし、3年前に友人から紹介された育毛剤をお試しで購入して使用してみたところ、使用開始から3ヶ月目で黒髪が生えてきて、自分自身に自信を取り戻す事が出来ました。
参考サイト:育毛剤ランキング@超おすすめ最強の育毛成分はコレ

わかっているようで見落としがちな育毛剤の使い方

わかっているようで見落としがちな育毛剤の使い方

せっかく薄毛を改善させるための有効成分が配合されているのに、使い方を間違ってその効果を半減させてしまうことがあるのが育毛剤です。より頭皮と髪の毛に成分を届きやすくするため、今一度正しい育毛剤の使用方法を見直すようにしてください。育毛剤はただ髪に付ければいいというものではありません。育毛剤を購入すると箱や説明書に使用方法が記載されていますので、洗髪後の利用が基本であるということは多くのかたが理解しています。そして、育毛剤の効果をアップさせるのもこの洗髪がカギになっているのです。清潔な頭皮にすることで有効成分がぐんと浸透しやすくなります。
まずは髪を洗う前によくブラッシングをして髪の毛を梳かすようにしてください。意外に盲点なのですが、これを怠ってしまっているかたが多く見られます。髪が絡まった状態のままですと上手くシャンプーで髪が洗えず、汚れがしっかりと落とせないことがあるのです。また、一日で溜まった髪の表面の汚れを落とし、フケなども取り除くことができてよりシャンプー効果を高めることができます。頭皮を掻いたり強く梳きすぎないように気をつけながらブラッシングを行いましょう。その後は毛穴が開いて汚れが落ちやすくなりますので、まずは湯船に使ってよく身体を温めます。シャンプー前には36度から38度のぬるま湯を利用して5分程度髪をお湯洗いです。少し温めですが、お湯が熱いと頭皮にとって刺激になりますので気をつけてください。この際にも頭皮を揉み洗いして皮脂を押し出すように心がけます。それからシャンプー液を泡立ててから頭皮を洗い、たっぷりのお湯ですすぎます。
育毛剤はこうして綺麗にした頭皮に使用することでより効果を高めることが可能です。種類によってはタオルドライ後に乾かす前に利用するものや、しっかりと乾燥させた後に塗布するものなど違いがありますから、各育毛剤の使用方法に従うようにしてください。優しくマッサージをして血行を促進しながら付けるようにすると、成分の吸収率はよりアップします。いずれにしても洗った後の髪の毛はしっかりと乾かすことで雑菌繁殖と抜け毛予防ができますので、ドライヤーを怠らないようにしましょう。
その後は身体が温かいうちに就寝するのもポイントです。寝ている間にも育毛剤の成分が浸透していき、なおかつ成長ホルモンの分泌との相乗効果でより効果的に作用させることができます。同じであれば使い方に気をつけて、育毛剤の効果を存分に享受できるように利用しましょう。